FC2ブログ

東京スカイツリー



2013年5月22日から634メートルと高さ世界一を誇る電波塔、東京スカイツリー開業2年目がスタートする。
初年度は東京タワーを400万人近く上回る人が展望台に入場。併設の商業施設「東京ソラマチ」を含む全体でも、他観光施設をしのぎ東京観光の名所として定着した。
地元の墨田区は観光客に区内回遊を促す策!もっと街にでてもらおうと新たな策を繰り出した。「すみだまち歩き博覧会」と題し、今後1年間に歴史・旧跡・観光舟運・食べ歩きを楽しむマップ24種を発行しツリー発着のガイド付きツアーも増設した。
タワーは他の観光施設と比較するとリピートが低いと言われてるので、タワー、東京ソラマチだけではなく、街全体で、リピーターを引き留め、新たな固定客をどうつかむか、真価が問われるのはこれからだと思う・・・ 

スポンサーサイト



中野駅 大変貌!

先日、たまたま用事で寄った中野駅。10年ぶりに来訪したが町が変貌していてビックリした。
中野駅北口、旧警察大学校の再開発に伴って警察病院が建設され、残された土地に「中野セントラルパーク」がオープンとなった。
その敷地内に4月に明治大と帝京平成大がキャンパスを開設。両キャンパスに通う学生は7,000千人以上。更にキリンホールディングスは4月〜5月に2,500人の社員とグループ本社を移転された。
そんな中で浮上したのが、「ランチ難民」、今まで普通に入れた店が昼時に集中してしまい行列ができてしまう事から、区観光協会でランチマップが発行された。観光協会と区内ボランティアが一軒ずつ確認し、地元目線で選んだ美味しいお店が紹介されてるそうです。

http://www.nakano-kanko.com/

南海トラフ地震!多摩、区部被害想定、直下型より下回る。

南海トラフ地震!

東京都は14日、マグニチュード(M)9級クラスの南海トラフ巨大地震が発生した場合の都内での被害想定を公表した。

伊豆、小笠原諸島では30mを超える津波が押し寄せ、1,800人近い死者が出ると推計したが、区部や多摩地域の最大震度や津波高は昨年4月に公表した首都直下地震などの被害想定を下回った。
首都直下型地震の被害想定では大田区や品川区、江東区、八王子市、日野市、昭島市などで震度7の地域が生じ、震度6強以上の地域は区部の7割に及ぶなどの推計。死者は約9,700人と算出していた。

今回の南海トラフ地震では、江東区に最大2.48mの津波が到達するとしたが、これまでに想定した元禄型関東地震の2.61m以下。最大震度もほぼ震度5強以下で都は「高さ3.5mの防波堤があり、堤防も壊れない。区部や多摩地域の被害は限定的だ。」とし、死者や建物被害は見込まなかった。
液状化危険度も予測したが、液状化しやすいとされる区部東部では、震度5強から5弱が中心で、危険度の低い地域が大半だった。

推計には、都内を訪れる観光客などは含まれていない。都は10月、夏に多くの観光客が訪れる新島で避難訓練を行うほか、一部の島に津波避難タワーを設置するなど対策を進める方針。津波がくることを想定して、どこに逃げるか予め理解して、訓練していくことが大事だと思われる。

住宅ローン減税、延長拡充へ

2013年末で期限が切れる住宅ローンについて、2013年度の税制改正大綱を発表された。
今回の改正内容について、以下まとめてみます。

①適用期限を2013年末から2017年末まで4年間延長
②住宅ローン減税額を年間20万円→40万円に拡充(対象となる借入限度額の上限を2,000万円→4,000万円に引き上げ)最大控除額200万円→400万円
※ただし、消費税率が8%に上がる2014年4月~2017年末までに入居した人が対象となり、消費税率が上がる前の2014年1月~3月に入居した人は、現行の住宅ローン減税(控除額は年間で最大20万円)を適用。
※耐久性や耐震性に優れた長期優良住宅の場合、最大年50万円。

増税負担の軽減策として大きな目玉であった「給付措置」については、「税制措置とあわせた全体の財源を踏まえながら検討を進め、遅くとも今夏までには内容を示す」としている。


消費税、増税前か増税後でメリットがそれぞれあるのでどちらが得なのか一概には言えませんが、あわてて住宅を購入するのではなく、家計やライフスタイルを見直し様々な面から自分の「買い時」を見極める必要がありますね。
プロフィール

MinatoAsset

Author:MinatoAsset
株式会社ホット・アセットによるスタッフブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR