FC2ブログ

南海トラフ地震!多摩、区部被害想定、直下型より下回る。

南海トラフ地震!

東京都は14日、マグニチュード(M)9級クラスの南海トラフ巨大地震が発生した場合の都内での被害想定を公表した。

伊豆、小笠原諸島では30mを超える津波が押し寄せ、1,800人近い死者が出ると推計したが、区部や多摩地域の最大震度や津波高は昨年4月に公表した首都直下地震などの被害想定を下回った。
首都直下型地震の被害想定では大田区や品川区、江東区、八王子市、日野市、昭島市などで震度7の地域が生じ、震度6強以上の地域は区部の7割に及ぶなどの推計。死者は約9,700人と算出していた。

今回の南海トラフ地震では、江東区に最大2.48mの津波が到達するとしたが、これまでに想定した元禄型関東地震の2.61m以下。最大震度もほぼ震度5強以下で都は「高さ3.5mの防波堤があり、堤防も壊れない。区部や多摩地域の被害は限定的だ。」とし、死者や建物被害は見込まなかった。
液状化危険度も予測したが、液状化しやすいとされる区部東部では、震度5強から5弱が中心で、危険度の低い地域が大半だった。

推計には、都内を訪れる観光客などは含まれていない。都は10月、夏に多くの観光客が訪れる新島で避難訓練を行うほか、一部の島に津波避難タワーを設置するなど対策を進める方針。津波がくることを想定して、どこに逃げるか予め理解して、訓練していくことが大事だと思われる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MinatoAsset

Author:MinatoAsset
株式会社ホット・アセットによるスタッフブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR